2010年04月06日

イチロー、大記録へ

アメリカのメジャーリーグに挑戦して10年目となるイチロー
選手。偉大な記録へ王手がかかったこのシーズンを盤石の態勢で
迎えることができたようです。

メジャーに挑戦して最初の年から打ちまくり、首位打者を獲得
してしまったイチロー。一年目からメジャーで活躍できる選手は
少ない中で、とんでもない活躍ぶりだったのが印象的です。
結局、最初の年から首位打者のタイトルを獲得し、それから9年、
ずっと200本安打を達成し続けています。

そして昨年、108年ぶりに大リーグの記録を塗り替えました。
なんと9年連続で200本安打を達成し、日本とアメリカで
大変な話題となったのは記憶に新しいところです。

名だたる名選手が殿堂入りしているアメリカの野球の歴史でも、
10年連続で200本安打を達成した選手はいません。この記録を
達成したら、最速での2000本安打が決定、それと同時に、
アメリカでの殿堂入りも確実だろうと言われています。

生涯で10シーズンの200本安打を達成した選手は、アメリカ
のピート・ローズ選手ただ一人だけ。15シーズンの選手生活
のなかで10回の200本安打と言えば大変な記録ですが、
これを上回ってしまうイチローの凄さは、アメリカ人も認めざる
を得ないところでしょう。

10年目の開幕戦に出場し、大リーグの殿堂入りの資格を
手にしたイチロー選手。今シーズン、どれだけ偉大な活躍を
見せてくれるのか、世界中の野球ファンが注目しています。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000215-ism-base
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/mlb/377096/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4699694/
ラベル:スポーツ
posted by もじもじキング at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

最近ドラえもんをよく見る理由

最近、なにかとドラえもんをよく見聞きします。

雑誌の表紙になっていたり、飛行機に描かれたり、映画がヒット
してみたり……。これには深い理由があります。

ドラえもんは昨年、テレビ放映30周年を迎えました。そして
今年は、映画上映30周年。第一回目の上映となった
「のび太の恐竜」以来、ずーっと上映が続いているそうです。

唯一、映画が上映されなかった年があるのですが、
それはお馴染みの声優陣ががらりと入れ替わった平成17年の
こと。それ以外の年はずーっと上映されているというから
本当に驚きです。

ドラえもん映画の偉大な30周年をお祝いするいろいろな企画が、
いろいろな所で行われています。今月からは最新映画である
「のび太の人魚大海戦」が上映スタートしました。30周年の
節目に当たる作品として、制作サイドの力の入れ具合は相当な
ものらしく、上映から3週間、興行収入のトップを独走、
あっというまに15億円を記録したそうです。

さらに、破綻して話題を振りまいた日本航空では、国内線の
一部に、ドラえもんのキャラクターを描いた旅客機を就航
させています。以前、ANAがポケモンを飛行機に描いて
飛ばして大反響がありましたが、破綻後の日航がようやく
ドラえもん人気にあやかることになりました。

そして多くの人がびっくりしたであろう、週刊朝日の表紙。
3月25日に発売された週刊朝日の表紙には、宙に舞う
ドラえもんが描かれていたのです。

これは週刊朝日通算5000部のお祝いと、ドラえもんの
30周年を同時に記念したコラボレーション企画。子どもの頃に
ドラえもんを見て育った子どもたちは、今や立派なおじさん、
おばさんに成長しています。この週刊朝日の表紙をみて、
感慨にふけったアラフォー世代はきっと数多くいたと思います。

文字通り、子供から大人まで幅広い層に認知され、愛されている
ドラえもん。これからも、世界中で活躍してほしいと心から
応援したい気持ちでいっぱいです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100324-00000015-mantan-ent
シネマトゥデイニュースURL
http://www.cinematoday.jp/page/N0023319
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4676916/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/comic/369176/
posted by もじもじキング at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

男子フィギュアスケート高橋、日本人初の快挙

フィギュアスケートの世界選手権で、日本の高橋大輔選手が
快挙を達成しました。何と日本人男子初となる、金メダルの獲得
です。本当におめでとうございます。

それもただの金メダルではありません。フィギュアスケート選手
で初めて、本番での「4回転フィリップ」に挑戦して見事成功。
高得点をマークしての優勝です。

少し残念だったのは、オリンピックに出場していたライサチェク、
プルシェンコが出場していなかったこと。今回の出場メンバー
なら、高橋選手は別格の存在ですから、優勝しても何ら不思議は
ないのですが、やはり強豪選手としのぎを削り合ってメダルを
奪うシーンが見たかった人も多いはず。

ただし、今回の高橋選手の総合得点は、オリンピックで金メダル
をとったライサチェクの点数よりも高得点。4回転を成功させ
つつ、ノーミスで演技したのですから当然と言えば当然ですが、
高橋選手の表現力にはさらに磨きがかかっている様子です。

開催地のトリノでも、高橋選手の演技力に大きな注目が
集まっている様子です。この大会のフリーでは、イタリア映画の
「道」のテーマ曲でスタンドから盛大な手拍子を受けました。
ノリノリで演技を滑り切った高橋選手の得点は168.40点。
バンクーバーで個の点数が出ていれば…と思わずには
いられないほどの高得点です。

日本人初の金メダル、世界初の4回転フィリップ成功と、記録
づくめの高橋選手ですが、「オリンピックのメンバーが全部
そろっていたわけはないので、100%の満足とはいえない」と
正直な気持ちを吐露しています。あくまでも向上心を忘れない
高橋選手、このモチベーションを維持できれば、4年後の
ソチ五輪も大いに期待できるでしょう。

悔しさを晴らし、栄光を手にする4年後のオリンピック、
日本中のファンが高橋選手に期待しています。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000512-san-spo
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/373102/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4680713/

posted by もじもじキング at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。